PDVD_041-1

この記事は約1分で読めます。

タマラ・ド・レンピッカ「緑の少女」1932年

この記事を書いた人
王

時代遅れが酷いもので、2003年に「恋する惑星」をみて衝撃を受けました。それ以来すっかり、ウォン・カーウァイのファンになりました。

王家の肖像をフォロー
王家の肖像をフォロー
王家の肖像

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php