パトリック・タム(譚家明)

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

パトリック・タム:譚家明

ウォン・カーウァイ作品

ウォン・カーウァイが最も尊敬する映画監督で、彼の映画の師匠。

パトリック・タム監督、ウォン・カーウァイ脚本による『最後勝利』は、1988年の香港金像奨・脚本賞にノミネートされ、ウォン監督デビュー作『いますぐ抱きしめたい』のデビューに繋がりました。

ウォンの要請で『欲望の翼』と『楽園の瑕』の編集に参加(クレジットは編集指導)。『楽園の瑕』には他にも香港ニューウェーブの重要人物ショウ・ケイもアソシエイト・プロデューサーとして参加しています。

経歴

1948年3月25日、香港に生まれました。1967年、TVBに入社し、1975年に監督・脚本家デビュー。

『群星譜』『CID』など先鋭的なテレビ番組を手がけて注目されました。これを機に、香港ニューウェーブの機種として映画界へ進出。『名剣』『愛殺』『烈火青春』などの作品で斬新な映像感覚を表現し、ウォン・カーウァイら後進の映画作家にも大きな影響を与えます。

『最後勝利』の次作『風にバラは散った』を最後に監督作は発表していません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php