私は完璧な女性ではない:マギー・チャン

キャストの肖像
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このページで紹介するマギー・チャンの記事は「マリ・クレール」中国版4周年記念号に掲載されたものです。邦訳を添えて紹介します。

初出は「マリ・クレール」中国版、2006年4月号、80~87頁です。

マギー・チャンの経歴や出演映画はこちらにまとめています。

私は完璧な女性ではない:マギー・チャン

出典 『嘉人 marie claire』4周年紀念刊(The 4th Ammiversary)59頁

出典 『嘉人 marie claire』4周年紀念刊(The 4th Ammiversary)60頁

出典 『嘉人 marie claire』4周年紀念刊(The 4th Ammiversary)63頁

香港から全世界まで、彼女は無数の最優秀女優賞を取りました。

彼女はただのスターではありません。彼女はスターというより真実であり、美女というより高貴であり、時間というより味わい深く、彼女はフランスの有名な芸術家・人像画家フランスの写真家ジャン=ダニエル・ロリューがもっとも描きたい女性です。彼女はもはや女性なら誰もなれない理想的な女性です。

彼女はマギー・チャン(張曼玉)、美人如玉の「玉」。

ヨハネスブルクの和やかな風の中、<嘉人marie claire>はアポイントを取りました。ジーンズ、革製のスリッポン、独特の風格があるTシャツ、片方の肩だけを露出した格好で彼女はやってきました。

午後5時、ホテルの広いベランダに、一杯のブラックコーヒー、彼女の機嫌は悪くありません。前日には铂金矿底の探検で物足りなく、一方またライオンと遭遇する可能性を想像させます。彼女いわく、自然と交流する時に防御は必要ない、しかし人と交流する時は違います。

彼女は大きなサングラスをかけ、少しアウェー感すら感じます。30分後に彼女はサングラスを取り、両目は明るくて鋭く、力強い視線で周囲を見回すします。シークレットな推測はなく、ただの笑顔と誠実、生き生きとして健談的です。60分後に私たちはもっと真実に近づけた張曼玉を見ることができました。

「私は覗き見が好きです、人に見られるより、人を見ることが多いかもしれない。」

「私は一人で楽しむことが嫌い、一人で惨めになること、一人で泣くこと、一人で笑うこと。」

「私は人間はグレーであることを感じる、しかし映画は常に黒か白であり、明暗が分かれすぎ、人に幻想的な余地を残すべき。」

「私は今演じたいのは、真実の人間であること、彼女はあなたが今日通勤中地下鉄の中であなたの隣に座っていたあの人。」

「私はずっと子供でした、30歳になるまでは。」

出典 『嘉人 marie claire』4周年紀念刊(The 4th Ammiversary)58頁~63頁

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php