ラウ・イーチョン(劉以鬯)

ラウ・イーチョン(劉以鬯)関連コラム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ラウ・イーチョン(劉以鬯)

ラウ・イーチョンは短編を得意とする香港の作家。1日2万字の文章が書けることで知られ、ウォン・カーウァイの『花様年華』・『2046』にインスピレーションを与えました。ウォンの両作品のクレジットには「特別鳴謝」としてラウの名が挙げられています。

ラウ・イーチョン(劉以鬯)

ラウ・イーチョン(劉以鬯)

経歴

月刊誌『香港文学』の編集長、香港作家連合会の会長、香港文学研究会の会長などを歴任。

ラウ・イーチョンは本名を劉同繹といい、1918年12月7日に上海で生まれたました。

1941年にニューヨークのセント・ジョンズ大学を卒業後、日中戦争下に重慶の首都でジャーナリズムへの道を決意し、香港へ1948年に移住しました。1991年の退職後は雑誌編集などで活動。上海生まれの香港育ちという点はウォン・カーウァイと同じです。

1952年に香港からシンガポールへ渡り、5年後の1957年に香港へ戻りました。その後、香港→シンガポール→香港という移動経路は『花様年華』・『2046』の主人公チャウ・モウワン(周慕雲)と同じ。なお、組籍(※)は浙江省の鎮海。

主な作品に『酒徒』『寺內』『一九九七』『對倒』『天堂與地獄』等40本ほどあります。評論活動では『端木蕻良論』『看樹看林』『短綆集』等。

ウォン・カーウァイへの具体的な影響

ラウ・イーチョンのウォン・カーウァイへの具体的な影響を考えます。

花様年華』は『對倒』、『2046』では『酒徒』がそれぞれモチーフとなっています。前者については特に批評と原作の関係だといってよいでしょう。

その『花様年華』の原作となった『對倒』は、当初、長編小説として1972年に香港の新聞『星島晩報・星晩版』で連載が始まった。叙事的な要素をさらに強調させようと書き改めたのが短編小説の『對倒』で、こちらは1975年に雑誌『四季」で連載がスタート。初老の男性と20歳前後の少女に関する徹底して叙事的な短編小説です。

簡単に『對倒』の概略を記しておくと、登場人物がただの二人。一人は過去の事を忘れられない老人であり、もう一人は未来のある20歳ほどの女性です。この作品では、全く関係のない二人が同じ街で、老人の方は過去を回想しながら遊歩をし、女性の方もまた、ショッピング街などを買い物することなく歩き回りながら、内心世界の吐露を行なっています。

『對倒』と『花様年華』では登場人物の年齢差があるものの、互いに関係のない二人が出会った後日談がウォン・カーウァイの『花様年華』だとみるかぎり、この『對倒』が『花様年華』の原点の一つになったと考えていいでしょう。

ウォン・カーウァイは『花様年華』を製作するにあたり、ラウ・イーチョンに電話などで当時の香港の雰囲気や室内装飾(インテリア)について尋ねまくったそうです。一説にはこの映画自体をラウ・イーチョンは一切知らなかったといわれているが、これは考えにくいです。

なお、『花様年華』上映の後日談だが、『花様年華』のクレジットに自分の名前が記されたことで上映後に有名になり、香港だけでなく、シンガポールやマレーシアなどの東南アジア圏、フランスやドイツなどのヨーロッパ圏でもファンを量産しました。中国大陸ではさほど人気を得なかったようだが、それはラウ・イーチョンの短編小説が西洋風の「断片」的なスタイルとなっていて、金庸が絶大に人気を誇る文化に属するもの異なっているからだと思われます。

※組籍は「老家」ともいい先祖の発祥地をさす(現在の中国人はあまり使わない)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php