リー・ピンピン(李屏賓)

スタッフ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

リー・ピンピン:李屏賓

ウォン・カーウァイ作品

ウォン・カーウァイ作品では『天使の涙』のセカンド・ユニット(第二組)でカメラ・オペレーターなどを担当したのが最初。

のち『花様年華』で撮り足しの分のみ撮影に参加。クリストファー・ドイルが母の急病でオーストラリアに撮影途中で帰国したためです。

経歴

1954年、台湾の台北に生まれる。

1977年に中央電影公司に撮影助手として入社後、台湾ニューウェーブ草創期の代表格ワン・トンら若手監督の作品を中心に、映画の仕事に従事。

ホウ・シャオシェン監督の撮影で知られ、1985年の『童年往事-時の流れ』で初めて組んでから、『恋恋風塵』『戯夢人生』『憂鬱な楽園』『フラワーズ・オブ・シャンハイ』などに参加。香港でも『女人、四十。』などアン・ホイ監督作品の撮影を担当しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php