ジャッキー・チャン(張学友)

キャスト
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ジャッキー・チャン(張学友)

表記上、ジャッキー・チョン、ジャッキー・チュンとも。1990年代の香港四天王の一人。歌唱力だけでなく、配役はともかく演技力もバッチシ。

ジャッキー・チャン(張学友、Jacky Cheung)

ウォン・カーウァイ作品

ウォン・カーウァイ作品をみると、『いますぐ抱きしめたい』ではアンディ・ラウに世話ばかりかけ、『欲望の翼』ではレスリー・チャンからお零れの車をもらい、カリーナ・ラウを口説くも木っ端微塵。

楽園の瑕』ではなかなかの剣士ぶりを見せたが、むしゃむしゃと飯を食っている姿は、やはり無様。

経歴

1961年7月10日香港に生まれる。会社員だった1985年に歌謡コンテストで優勝し、これを機に歌手デビューした。

映画デビューは翌1986年の『デブゴンの霊幻道士』。出演する映画は娯楽映画が多く、配役もどうしようもないものが多い。

しかし演技自体は上手。特に『ソウル』の気弱な犯罪者役や『ワイルド・ブリット』の発狂する青年など、精神的な動揺を上手く演技したのは高く評価されている。

メチャメチャ上手い歌の分野では、1990年代のアジアで最もレコード・セールスをあげたといわれている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php