チャン・チェン(張震):トニー・レオン後役に相応しい台湾俳優

チャン・チェンが映画「2046」の来日記者会見に臨んでいます。キャスト
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

チャン・チェン(張震)

チャン・チェンは1976年10月14日、台湾・台北に生まれた俳優です。

トニー・レオンと同じく目で語ることができる、説得的なポーカーフェイスがウリの台湾俳優。

経歴

ベテラン俳優、チャン・クォチューの次男として、幼い頃から撮影現場を遊び場にして育ちました。

1991年に台湾のニューウェーブの旗手エドワード・ヤン監督の目に留まり『牯嶺街少年殺人事件』(日本未公開;クーリンチェ少年殺人事件)の主演デビューとなり、父と一緒に出演しました。

その後は、同監督の『カップルズ』(1996)で、フランスの若手女優ヴィルジニー・ルドワイヤンと共演。翌1997年には『ブエノスアイレス』で初めてウォン・カーウァイ作品に登場しました。

2年の兵役を経て、アカデミー賞外国語映画賞に輝いたアン・リー監督のアクション大作『グリーン・デスティニー』(2000)で映画に復帰。この作品では、チャン・ツーイー扮するイェンに熱い思いを寄せる盗賊のリーダーを演じ、世界的に有名になりました。また、ウォン・カーウァイ製作の『地下鉄』(2003;日本未公開)にも出演しています。

チャン・チェンが映画「2046」の来日記者会見に臨んでいます。

映画「2046」の来日記者会見に臨んでいるチャン・チェン。 (c) 2004 Block2Pictures. Inc.

ウォン・カーウァイ作品

ブエノスアイレス』ではチャンの名で出演し、ファイ(トニー・レオン)と年を隔てた親友に。配役では生まれつき視力が弱いとファイに話すシーンがあり、この作品では「聴覚」にこだわった点が印象的。

また、ファイが故郷へ帰る直前に、チャンは独り南米最南端のエクレルール灯台へ旅しますが、その絶景は『ブエノスアイレス』の有名なシーンとして語られました。

2046』では、トニー・レオン並に目で語ることのできる眼力で、二役のカリーナ・ラウを二役とも殺してしまいました。そのうち、アンドロイドの方のカリーナを涙数滴で仕留めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php