キャスト

キャスト

フェイ・ウォン(王菲):映画「恋する惑星」でみせた天性の演技力

1969年8月8日、中国・北京に生まれる。父は工場のエンジニアで労働条件が過酷だった。母もソプラノ歌手で歌い回りが多く、家族が一緒に時間を過ごすことが少ない家庭状況だった。しかし、彼女の隣人にフェイ・ウォンを可愛がってくれ自分も慕う女性がいた。
2020.01.07
キャスト

カネシロ・タケシ(金城武)

ウォン・カーウァイ監督作品では、金城のギャグセンスが全開。『恋する惑星』のクランクイン直前、先輩のカム・コクリョンの推薦により、ウォンは二つ返事で青年刑事233号へ抜擢。脚本どおりの演技だけでなくアドリブの演技でも爆笑を誘った。
2019.09.11
キャスト

チャン・チェン(張震):トニー・レオン後役に相応しい台湾俳優

『ブエノスアイレス』ではチャンの名で出演し、ファイ(トニー・レオン)と年を隔てた親友に。配役では生まれつき視力が弱いとファイに話すシーンがあり、この作品では「聴覚」にこだわった点が印象的。
2019.09.14
スタッフ

スー・ピンラン(蕭炳林)

スー・ピンラン(蕭炳林) 本来の仕事は、映画スタッフとして小道具係を担当。 『花様年華』『2046』と立て続けに、トニー・レオンの仕事仲間&愛嬌あるエロオヤジとして登場。 特に『2046』でチャン・ツーイーを口説こうとし、顔がアップに...
2019.09.19
キャスト

レオン・ライ(黎明)

ウォン・カーウァイ監督作品では『天使の涙』に出演。『天使の涙』でクールな殺し屋を演じましたが、カレン・モクの元気さに圧倒され、苦笑い…。
2019.09.11
キャスト

チャウ・カーリン(周嘉玲)

『恋する惑星』のスチュワーデス役。
2019.09.11
キャスト

ジャッキー・チャン(張学友)

ウォン・カーウァイ作品をみると、『いますぐ抱きしめたい』ではアンディ・ラウに世話ばかりかけ、『欲望の翼』ではレスリー・チャンからお零れの車をもらい、カリーナ・ラウを口説くも木っ端微塵。
2019.09.11
キャスト

アンディ・ラウ(劉徳華)

『いますぐ抱きしめたい』では男らしいチンピラ&好青年。『欲望の翼』では警官&水夫役で登場。出演後の1990年代に香港四天王と称されビッグスターに。
2019.09.11
キャスト

アレックス・マン(萬梓良)

『いますぐ抱きしめたい』で雀荘の用心棒役を務めました。アンディ・ラウに引けを取らない迫力あるチンピラ。
2019.09.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php