しんしん

キャストの肖像

フェイ・ウォン:自己に直視し世界に恍惚する

このページでは「ハーパース・バザー」中国版、20100年10月号に掲載されたフェイ・ウォンのインタビューを転載しています。
2020.01.09
関連コラム

「Cut」2004年11月号の映画「2046」特集

このページでは「Cut」2004年11月号の映画「2046」特集を紹介しています。30頁から45頁まで16頁にわたり写真と文章が収められています。
キャストの肖像

無償の愛:「将愛」フェイ・ウォンのインタビュー

このページに紹介するのは、アルバム「将愛」リリース時にフェイ・ウォンが受けたインタビューと写真です。この記事は「Amy」2003年12月号に掲載されました。
2020.01.08
キャストの肖像

カリーナ・ラウがモデルのSK-II広告(2010年)

このページでは「ELLE」台湾版、2010年9月号に掲載されたSK-IIの広告を紹介しています。モデルはカリーナ・ラウです。
キャストの肖像

アジアン・ビューティ 美人如玉:マギー・チャン

40代前半のマギー・チャンは演技のキャリアと個人的なスタイルに前例のない感動的な魅力を醸し出しています。映画「クリーン」は彼女をカンヌで最高の女優にし、気質が超越し、東洋と西洋の美しさを融合させ、彼女は特別なスタイルを手にしました。
キャストの肖像

9度の恋愛と1度の結婚:マギーチャン

このページで紹介するマギー・チャンの記事は「ハーパース・バザー」中国版に掲載されたものです。邦訳を添えて紹介します。出典は「マリ・クレール」中国版、2005年4月号、96頁~105頁です。直前の化粧品広告2頁分も載せておきます。
キャストの肖像

私は完璧な女性ではない:マギー・チャン

このページで紹介するマギー・チャンの記事は「マリ・クレール」中国版4周年記念号に掲載されたものです。邦訳を添えて紹介します。初出は「マリ・クレール」中国版、2006年4月号、80~87頁です。
2019.12.22
ウォン・カーウァイ

ウォン・カーウァイ映画に出演したキャスト一覧

ウォン・カーウァイ監督の映画に出演したキャストを写真入りで紹介しています。縦に俳優名、横に作品名を公開順に並べています。俳優名は出演回数降順で同一出演数の場合は適当。俳優の写真は全部同じものばかり使っている点、ご了承ください。
スタッフ

エリック・コット(葛民輝)

エリック・コとも。ジャン・ラムと組み香港で大ブレイクしたラップ・グループ、ソフト&ハード(軟硬天師)の「軟」を務め、斬新な音楽を香港に根づかせます。1997年にはウォン・カーウァイのプロデュースで長編映画『初恋』を監督。
スタッフ

フランキー・チャン(陳勲奇/陳勳奇)

ウォン・カーウァイが脚本をしていた頃からの友人。俳優・音楽家・製作者・監督、カースタントまでこなすマルチな映画人。『楽園の瑕』ではスコアを担当、『恋する惑星』や『天使の涙』でも、ローエル・A・ガルシアと共同でスコアを手がけました。
スタッフ

ダニー・チャン(鐘定一)

ウォン・カーウァイ監督作品では『いますぐ抱きしめたい』でスコアを担当。『ブエノスアイレス』ではスコアの一部と、エンドクレジットで流れるビートルズの「Happy Together」をカバー。この曲は権利関係が複雑なためウォンがダニーにカバーを依頼しました。
スタッフ

パトリック・タム(譚家明)

ウォン・カーウァイが最も尊敬する映画監督で、彼の映画の師匠。パトリック・タム監督、ウォン脚本による『最後勝利』は、1988年の香港金像奨・脚本賞にノミネートされ、ウォン監督デビュー作『いますぐ抱きしめたい』のデビューに繋がりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php