しんしん

ウォン・カーウァイ

ウォン・カーウァイ映画に出演したキャスト一覧

ウォン・カーウァイ監督の映画に出演したキャストを写真入りで紹介しています。縦に俳優名、横に作品名を公開順に並べています。俳優名は出演回数降順で同一出演数の場合は適当。俳優の写真は全部同じものばかり使っている点、ご了承ください。
スタッフ

エリック・コット(葛民輝)

エリック・コとも。ジャン・ラムと組み香港で大ブレイクしたラップ・グループ、ソフト&ハード(軟硬天師)の「軟」を務め、斬新な音楽を香港に根づかせます。1997年にはウォン・カーウァイのプロデュースで長編映画『初恋』を監督。
スタッフ

フランキー・チャン(陳勲奇/陳勳奇)

ウォン・カーウァイが脚本をしていた頃からの友人。俳優・音楽家・製作者・監督、カースタントまでこなすマルチな映画人。『楽園の瑕』ではスコアを担当、『恋する惑星』や『天使の涙』でも、ローエル・A・ガルシアと共同でスコアを手がけました。
スタッフ

ダニー・チャン(鐘定一)

ウォン・カーウァイ監督作品では『いますぐ抱きしめたい』でスコアを担当。『ブエノスアイレス』ではスコアの一部と、エンドクレジットで流れるビートルズの「Happy Together」をカバー。この曲は権利関係が複雑なためウォンがダニーにカバーを依頼しました。
スタッフ

パトリック・タム(譚家明)

ウォン・カーウァイが最も尊敬する映画監督で、彼の映画の師匠。パトリック・タム監督、ウォン脚本による『最後勝利』は、1988年の香港金像奨・脚本賞にノミネートされ、ウォン監督デビュー作『いますぐ抱きしめたい』のデビューに繋がりました。
スタッフ

リー・ピンピン(李屏賓)

ウォン・カーウァイ作品では『天使の涙』のセカンド・ユニット(第二組)でカメラ・オペレーターなどを担当したのが最初。のち『花様年華』で撮り足しの分のみ撮影に参加。クリストファー・ドイルが母の急病でオーストラリアに撮影途中で帰国したためです。
スタッフ

アンドリュー・ラウ(劉偉強)

『いますぐ抱きしめたい』でウォン・カーウァイ一家に入りました。もともとウィリアム・チャンの紹介で撮影を担当するはずだったクリストファー・ドイルのスケジュールが合わず、代役としてこの作品に参加しました。
スタッフ

アラン・タン(鄧光栄)

1988年に『男たちの挽歌』風のギャングものという注文を付け、ウォン・カーウァイを監督に抜擢し『いますぐ抱きしめたい』を製作。この成功を機に二人は、6大スター共演の『欲望の翼』に着手しました。以後、彼らはコンビを組んでいません。
ウォン・カーウァイ

ウォン・カーウァイ作品との出会い

長年、ハリウッドの大げさな映画程度しか観たことのなかった私がウォン・カーウァイを知ったのは、2003年の10月。その前年からCDに嵌っていたフェイ・ウォン出演の『恋する惑星』をDVDで観たときでした。
作品紹介

グランドマスター:概要とカンフーの意味

グランドマスター : この映画は現実のカンフー(葉問)が映画のカンフー(李小龍)に転換する時代を描いた作品です。一つの時代が終わったことを感じました。周知のように、この映画は、ブルース・リー(李小龍)の実際の師匠だったイップ・マン(葉問)を取り巻く、厳しい時代の中国カンフー史(功夫史)が題材です。極寒でも映像は熱いです。雪が綺麗でした。
2019.09.13
作品紹介

2046:概要から舞台裏や衣装まで解説

2046 2046 は2004年に公開されたウォン・カーウァイ(王家衛)監督の映画で、一部は前作「花様年華」を引き継いでいます。原作は、短編を得意とする香港の小説家ラウ・イーチョン(劉以鬯, Liu Yichang)の『酒徒』。美術・衣装担当はウィリアム・チャン(張叔平)、カメラ撮影はクリストファー・ドイル(Christopher Doyle)、クヮン・プン・レオン(Kwan Pun Leung)、ライ・イゥファン(Lai Yiu-fai)。
2019.09.19
作品紹介

若き仕立屋の恋:仕立屋の「手」に注目した恋愛ドラマ

ウォン・カーウァイ『若き仕立屋の恋』は原題「手」が示す通り、仕立屋の「手」に注目した作品です。制作した旗袍を届けに行く過程で仕立屋と顧客の二人は徐々に男女として「縫合」していき、最終的には女性の患った伝染病により無惨に関係が「裁断」される経緯が描かれています。
2019.09.13
タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php