アレックス・マン(萬梓良)

キャスト
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

アレックス・マン(萬梓良)

ウォン・カーウァイ作品

いますぐ抱きしめたい』で雀荘の用心棒役を務めました。アンディ・ラウに引けを取らない迫力あるチンピラ。

アレックス・マン(萬梓良、Alex Man)

経歴

1957年7月25日に生まれました。客家人。TVB俳優養成所からTVドラマを経て、1979年にアン・ホイ監督の『瘋劫』で映画デビュー。以後、1980年代から1990年代初期にかけて、一徹な刑事、あくどいヤクザ、コミカルなキャラまで何でもこなす実力派として活躍しました。

1990年代になると、シンガポールで事業を始め、同地でのTV出演が増えたため中華圏での映画参加は減りました。1990年代後半には、自らデザインも手がける萬仕服飾有限公司を設立し、「アレックス・マン・コレクション」ブランドを展開します。

1997年には久しぶりに『97古惑仔戰無不勝』(新・欲望の街2-97古惑仔最終章)で香港映画に復帰しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php