アラン・タン(鄧光栄)

スタッフ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

アラン・タン:鄧光栄

ウォン・カーウァイ作品

1988年に『男たちの挽歌』風のギャングものという注文を付け、ウォン・カーウァイを監督に抜擢し『いますぐ抱きしめたい』を製作。この成功を機に二人は、6大スター共演の『欲望の翼』に着手しました。

しかし、スケジュールも予算も大幅に超過したこの作品は、内外の批評家筋には絶賛されたたものの、興行的には失敗でした。以後、彼らはコンビを組んでいません。

経歴

1946年、広東省に生まれる。1968年に映画デビューした後、二枚目俳優として、香港や台湾で多数の映画に出演。

その後プロデューサーに転身し、自身が設立した製作会社イン・ギア・フィルムでウォン・カーウァイとジェフ・ラウを脚本家に起用、チョウ・ユンファ主演の『傷だらけのメロディー』、『江湖龍虎門』(マカオ極道ブルース)、ジェフォ・ラウ監督の『バンパイア・コップ1』、『バンパイア・コップ1』などを手がけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php